1. ホーム
  2. 産業機器製品
  3. 三次元測定機
  4. レーザースキャナー
  5. クロススキャナー XC65Dx / XC65Dx-LS

印刷用ページ

クロススキャナー

XC65Dx / XC65Dx-LS

クロススキャナー XC65Dx / XC65Dx-LS

複雑な形体や表面の3次元立体形状をとりこむ

XC65Dx(-LS) クロススキャナーは、3本のレーザーをお互いに交差させて配置し、複雑な形体やエッジ部、くぼみ、リブ側面、自由曲面形状などの3次元立体形状を一度のスキャンで取得します。クロススキャナーの3方向からのデジタル化により得られる複雑な形体の3次元幾何情報にもとづき、正確な位置や寸法が抽出できます。

特長・機能

  • 3本のレーザーを交差させ、1度のスキャンで完全な立体像を取得
  • 時間のかかるプローブヘッドの姿勢変更を大幅に減らすとともに、C軸(テーブル回転)を不要とします
  • 高速CMOSカメラ技術を含む、高速デジタルスキャナー
  • XC65Dx-LS(Long Stand-off)は物体表面とスキャナーとの間隔(スタンドオフ)が170mmと長く、深いくぼみ形状も取得できます
  • プローブ誤差:12μm (XC65Dx), 15μm (XC65Dx-LS)

XC65Dx(-LS)はシートメタル、プラスチックおよび複合材料の計測に最適なスキャナー

視野深度(段差検出可能深さ)が大きいため、自動車鋳造部品の計測時に大幅な時間短縮が可能

XC65Dx XC65Dx-LS
視野幅 3×65mm
視野高さ 3×65mm
プローブ誤差 12μm 15μm
スキャン速度 75,000点/秒
スタンドオフ 75mm 170mm
ESP3

三次元測定機組み込みのレーザースキャナーの導入効果

  • 測定と処理設定の簡易化
    • スキャン経路やスキャン範囲は、3D CAD上で指示可能
    • 形状やGD&T(幾何寸法ならびに公差)情報をCADから直接読み込み
    • マクロ機能で完全自動スキャニングおよび計測が可能
  • 測定時間の短縮
    • プローブヘッドの動きを削減
    • XC65Dx(-LS)スキャナーは1回の動作ですべての形体情報を取得可能
  • 自由曲面形状の表面やもろい表面を測定する独自機能
    • 自由曲面形状の表面を短時間間隔で詳細に取得
    • もろく繊細な部分に対する非接触測定
    • 三次元CADモデルデータと実サンプルとの比較により偏差マップをカラー表示
    • リバースエンジニアリング、簡易プロトタイプ、有限要素計算、デジタルアーカイブ(文化資産のデジタル化保存)などの入力装置として幅広く使用可能

用途

  • シートメタルの形体計測(溝穴、リベット穴など)
  • 鋳物や複雑な表面の計測
  • 形体計測
  • Gap & Flush(自動車ドアの段差およびすきま)の計測

ページトップへ戻る

お問い合わせ・サポート

  • *
    ショールームではお取扱いのない製品もございますので、ご来場の際にはお問い合わせください。